English | Chinese | Russian
ホームニュース

ニュース

ニュース

過去のアーカイブ

Mar
26

Tier1 Tier2のルールが4月から変わります

3月18日、ポイントベースシステムのTier1 Tier2のイミグレーションルールが4月6日の新年度から大きな変更となることが英国政府から発表がありました。

この発表はMigration Advisory Committee (MAC)のガイドラインに沿ったもので、 Tier1 Tier2のポイント条件の変更、 修士を持たないhighly skilled workersとしてTier1下での申請を簡単にしたり、 国際企業の短期の転勤が柔軟になること、一方では それらの企業の長期にわたる転勤に制限がかかるような内容が含まれています。

この発表に伴って、4月6日以降のビザ申請は 新ルールに基づいたものとなりますので、内容を必ず確認して間違いのない申請をして下さい。 しかし、それ以前の申請は 現行化でのルールとなりますので注意が必要です。 

Mar
18

Code of Practice が更新されました

3月1日 UK Border Agencyから4半期毎のCode of Practiceが更新されました。Code of Practice とは、スポンサーライセンスを発行出来る職種やその賃金の基準をまとめたものです。

ポイントベースシステム下のTier 2 あるいはTier5のカテゴリーで 雇用者側がヨーロッパ以外から雇用する際、このcode of practice が重要なポイントで 1)雇いたい方の職種とそのスキル、また、賃金が妥当であるのか? 2) 求人広告はどこの媒体に出すべきなのか? の参考となります。

また これは4半期毎に更新されますので最新版で必ず確認して下さい。

Mar
11

英国市民権取得のルールが、2011年より変わります

UK Border Agencyより、英国市民権取得者に対する、ルールの変更について発表されました。

 政府は、2011年より、英国市民権取得可能者を厳しく管理、また保証するため、ポイントテスト制度の実行計画があると発表。これは英国の経済状況に見合った、ふさわしい人が、英国市民権を取得できることを意味します。例えば、英国の財政上で、必要とされる資格やスキルを所持している人や、特有のスキルを必要とする地域において、そのスキルを十分に備えている人、さらに十分な英語力があることを証明できる人等、英国市民権を取得できる人が限られてきます。

 詳細は、UK Border Agencyの、ウェブサイトをご覧下さい。
Mar
11

2010年4月6日からビザの申請費が変わります

 政府は2010年1月20日と2月10日に発表したビザの申請費の見直しについて、4月6日から、その実施を始めると発表しました。
この見直しは 英国で勉強、就労、旅行、永住の関わるすべての料金設定について行われます。
詳しい料金については以下のリンクを参照して下さい。


http://www.bia.homeoffice.gov.uk/sitecontent/documents/news/new-immigration-fees 

また、4月6日以降、ビザ取得の際の申請フォームについても、大幅に変わります。 申請費や申請フォームを間違えると、申請を最初からやり直す事態になることもありビザ取得が遅れることにもなります。

4月6日以降のビザ申請をする方は UKBorder Agencyのサイトを再度確認し、間違いのない申請をして下さい。
Mar
01

Tire4(学生ビザ)のルールが変更(2)

内務省から、ヨーロッハ゜以外からの留学生に対して、厳格な入国基準が発表されました。特に、新基準では、DEGREE取得レベルの学生の労働への制限や、その扶養家族の英国内での就労は一切認められないなど、厳しい変更内容となっています。これは、主に仕事目的で入国する学生を減らす狙いがあります。

例えば、英語をさらに、レベルアップするために英国に来る学生や、DEGREEレベルのコースで勉強する場合でも、標準英語(GCSEレベルの英語)が必要となったり、DEGREEレベル以下、もしくはファウンデーションコースの留学生に対する労働時間は、学期中週10時間までに半減。また、6ヶ月未満のコース受講者において、扶養家族ビザは申請できないなどが挙げられます。さらに、内務大臣アラン ジョンソン氏は、政府は2011年までに、英国市民権獲得するために、ポイントテスト制度の実行計画もあると発表しました。

詳細は、UK Border Agencyの、ウェブサイトをご覧下さい。
Mar
01

Tier4(学生ビサ)のルールが変更(1)

Tier4(学生ビザ)について、UK Border Agencyオフィシャルサイトより変更の発表がされました。Tier4を申請する学生の、ポイント・ベース・システムのルールが変わり、2月22日より、入学する学校から、ビザレターの代わりに、Confirmation of Acceptance for Studies(CAS)が必要になります。

2月22日以降に、Tier4を申請する学生は、2月22日以前に、学校からビザレターをいただいていたとしても、CASがない限りTier4を申請することはできません。但し、学校のコースが、2月22日以降に始まる場合、2月21日までに、Tier4を申請するのであれば、学校のビザレターでも申請が可能になります。

詳細は、UK Border AgencyのウェブサイトのStudying in the UK のページをご参照下さい。

ページトップへ