English | Chinese | Russian
ホームニュース

ニュース

ニュース

過去のアーカイブ

Jul
30

パートナーも英語力が必須です

かねてからの検案だった、英国人と国際結婚をするパートナーの英語力が11月29日以降、正式に必須となります。 

対象となるのはEEA(European Economic Area)とスイス以外の国籍の方で、同姓結婚 パートナーリレイションもその対象となります。 ニュージーランド、カナダ オーストラリアなどの英語圏の方はその対象から外れます。

基本的はスピーキングとリスニングが出来ることが条件で、BAが定めた英語力をパスしないといけなくなります。 そのレベルはCommon European Framework of Reference. が決めたA1レベルです
Jul
23

Tier 4 (general )申請者の英語力 

8月12日 以降 Tier 4 のカテゴリーで学生ビザを申請する方は 政府が定めた英語力があることが求められます。

Tier 4 ( General )で 8月12日以降に発行されたCAS (Confirmation acceptance of studies ) をもって、NVQレベル6以下のコースへ通う予定の方は、B1レベルの英語力の証明が必要です。 (ファウンデーションコースと英語コースは除外)

そのためには 母国が英語圏であることや、 また、そうでない方は 政府が認定したB1レベルの英語検定をリーディング、ライティング、リスニング、リーディングの分野において 合格していることを証明してください。 例えば B1レベルとはIELTSで 全てのエレメントが4.0のレベルです。
Jul
16

Tier1の申請数にも制限がかかります

Tier2 の申請を来年4月から制限するように、Tier1 においてもその申請が制限されます。そして それは7月16日から少しづつ制限されていきます。

ただ これは インベスター、企業家、ポストスタディーワークには適用されません。

Tier1 に必要だった、95ポイントが100ポンドの取得が必要となり、さらに取得が難しくなります。 英国ですでにいて Tier1での滞在を延長する場合その制限から除外され、95ポイントの取得でよくなります。
Jul
09

TIER2 のスポンサーシップ数 

来年4月から TIER2の申請を制限すると政府は発表しました。 

これにともない7月19日からは 企業が出すスポンサーシップの発行においてその数に制限がかかってきますが、 これらは、日系の国際企業間の英国への転勤、スポーツ選手のビザの申請には適用されません。 

また、スポンサーシップがすでに発行されていれば 申請にしては今までどおり行われますので ご安心下さい。

スポンサーシップの数追加については7月19日にそのガイダンスが発表されますので
UKBAのサイトで確認して下さい。
Jul
02

Tier 1 Tier 2 の人数が来年制限されます

6月28日、 内務省はEU以外から英国へ労働目的で入国する人数を制限すると発表しました。 

それは 増え続ける外国人労働者数に対して そのレベルを1990年のレベルまでに下げるといった内容です。9月下旬までに政府はこの案件にして協議を続け、来年4月から実施するようなスケジュールで進む予定です。 

施行前の申請者の増大を未然に防ぐために、7月19日から暫定的にTier1と Tier2 のカテゴリーのビザの発行を制限すると発表しました。 

ページトップへ