English | Chinese | Russian
ホームニュース

ニュース

ニュース

過去のアーカイブ

Jan
30

2月27日よりオンライン支払い手続きが必須です(日本ビザ申請センター)

2012年2月27日より、日本における全ての英国ビザ申請はVisaカード、JCBカード、MasterCardのいずれかを利用してビザの支払いをオンラインで行うことが必須となりますので、ご注意いください。クレジットカードに加えてVisa及びMasterCardのロゴがあるデビットカードおよびプリペイドカードもご利用になれます。

日本のビザ申請センターでビザ申請をされる方は、オンライン申請、オンライン支払い完了後にビザ申請センターに来館する必要があります。2月27日以降に申請を予定していらっしゃる方はご注意ください。
Jan
30

2月3日、生体認証情報の提出受付が可能です(日本ビザ申請センター)

2月3日、日本のビザ申請センターで予定されていたシステムメンテナンスが中止となり、通常通り生体認証情報の提出受付が可能となりました。
今回予定されていたシステムメンテナンスは、後日改めて行われる予定ですので、申請を予定されている方は最新情報にご注意ください。
Jan
26

English language testに関する変更がありました(Tier 1, 2, 4など)

ビザ申請の際に必要となるEnglish language Testに関するリストに変更がありました。今回のリストの変更はTier1、2、4そして配偶者ビザ、パートナービザの申請の際に関係してきます。詳しくはお問い合わせください。改定内容については、UK Border AgencyのWebサイトでも確認することができます。
 http://www.ukba.homeoffice.gov.uk/sitecontent/newsarticles/2012/january/78-english-language
Jan
23

2月3日のビザ申請受付サービス休止(日本ビザ申請センター)

2月3日(金)、日本のビザ申請センターでの申請受付サービスが休止となります。ビザ申請をご予定されていらっしゃる方はご注意ください。

緊急を要するあるいは特別な理由にて渡英を希望される方は、VFS Global イン・ジャパンのビザインフォメーションサービス(http://www.vfs-uk-jp.com/japanese/callcentre.html)までお問い合わせください


Jan
15

Tier 4 スポンサーの監査についてアップデイトと 2012年 TIer 4 の変更。

Tier4 の学生の引き受ける教育機関がまだ、その監督機関の査察を受けていない場合、期限までに、その監査を受けなくてはいけません。この監査は2012年を通して行われ、それぞれの教育機関の査察内容はウェブサイトで公表されます。

もし その監査基準を満たしていないとき、それはTIER4の学生の受け入れるスポンサーとしての体制いうことにもなります。 以下 条件を満たすための情報は以下の機関で提供されています。
Quality assurance agency / Independent Schools Inspectorate / Bridge Schools Inspectorate /
School Inspection Service /Education Scotland/ The Education and Training Insect rate

また、2012年は以下の3つがTier 4 で変更されます。
1 就労できるコースが3分の1になる
2 Tier4は最大5年間
3 Post Study Work が2012年4月から廃止される
Jan
08

Arts Council England ( ACE) からの推薦に関する新書類

2012年1月3日より、Tier 1 の申請においてArt Council Endland (ACE)から)推薦を得るためには ACE所定の用紙に必要事項を記入し、ビザの申請フォームと必要なドキュメントとともに、提出することになります。以前不要だった、ACEのフォームの提出が新しく加わりました。

Royal Society, the British Academy the Royal Academy of Engineering からの推薦が必要な方のTier 1 の申請においては変更はありません。 

ページトップへ